ウーマン

災害に備えた家

一軒家

災害リスクを軽減できるマイホームを実現するためのポイントは、耐火性に優れた建材を使ったうえで、地震に強い家を目指すことです。特に地盤のしっかりとした土地を活用するのが、地震に強い家を実現する近道であり、宅地を購入するときに地盤調査を行うのが理想的です。注文住宅であれば建材や工法にもこだわることができるので、新築工事を始めるときに、基礎工事をしっかりと行うべきです。またハウスメーカーなどが分譲する建売住宅を購入するときには、モデルハウスで建物の性能を調べたうえで、耐震性能に優れた物件を選ぶのが賢い方法です。最近では地震に強い家を求める人も増えており、単に倒壊のリスクが小さいだけではなくて、揺れを抑えることができる建物も評判です。制震構造の物件であれば、大地震の揺れを建物全体で吸収することが可能であり、家具が倒れるリスクも回避できるのが魅力的です。特に国内の代表的なゴムメーカーが製造した、制震ダンパーを使用している物件であれば、余震が繰り返しやって来る場合でも安心です。一方で免震構造はこれまでに長い技術の蓄積があり、メンテナンスコストも割安で、耐用年数も長いのが特徴的です。とりわけ主要な住宅メーカーが、新規分譲物件に免震構造を導入するケースが増えており、個別の業者のサイトで地震に強い家を見つけることも容易です。更に中古物件もリフォームによって耐震性能を高めることが可能であり、選ぶ時に改造工事の履歴を確認することで、良い物件を購入できるでしょう。